Hotelkawase

パムッカレ、トルコ:天然温泉とユニークな建築遺産

block
イメージ提供fredibach

パムッカレは、トルコ南西部に位置する世界遺産であり、数千年にわたって人々を魅了してきました。その名前は、トルコ語で「綿の城」という意味であり、その名の通り、真っ白な温泉のテラスが綿のように美しい景色を作り出しています。

パムッカレの温泉は、地中から湧き出る温かい水が地表に溢れ出してできたものであり、その水はカルシウムや炭酸水素塩を含んでおり、その結晶化によって真っ白な岩肌が形成されています。訪れる人々は、この岩肌の上を裸足で歩きながら、天然の温泉に浸かることができます。

また、パムッカレにはヒエラポリスという古代ローマ都市の遺跡もあり、その中には古代の劇場や浴場が残っています。これらの建築遺産は、歴史的な価値と美しさを兼ね備えており、訪れる観光客を魅了しています。

パムッカレは、その天然の温泉とユニークな建築遺産が融合した魅力的な観光地として、世界中から多くの観光客を魅了しています。トルコを訪れる際には、ぜひ一度足を運んでみる価値があります。

Sponsored by: Riu Atoll-All Inclusive Kudahuvadhoo reviews